チャクラ(補足)

パワーストーンと関わっているうちに
チャクラについて今まで学んだことや気づいたこと、
私なりに思うことを書いてきました。

パワーストーンの事を深く知れば知るほど、
チャクラとの関わりが密接であることが実感出来たからです。

「心」と「身体」は繋がっています。

この感覚はもうほとんどの方が 解かっていることだと思います。

病気は心が病んでいるサインです。

「病は気から」という言葉は
「気のせい(思い違い)」という意味ではありません。

(ネガティブ)な「気」エネルギーによりダメージを受けた身体が反応を起こすのです。
残念ながら、現代社会はネガティブなエネルギーだらけです。

人類は便利さと引き換えに たくさんの本来の能力を失ってきました。
最近のネガティブなエネルギーの強さや勢力はかなりのものですが、

それに負けないくらい、本来の人間の持つ自己治癒力やセルフヒーリング能力は高いものなのです。

七つの主要なチャクラについてお話しましたが、
この他に、両足の下15cmくらいのところに、大地のチャクラ
心臓と喉のチャクラの間に 高次の心臓のチャクラ
後頭部の後ろ10cmくらいのところに、コーサルチャクラ
頭頂部から上15cmくらいのところに、ソウルスターチャクラ(高次の宝冠)
頭頂部から上30cmくらいのところに、ステラゲートウェイチャクラ
があると言われています。

あと、二次的なチャクラとして
手のひらと、肩、肘、膝、足の裏、にあるとされています。

手のひらはエネルギーを感じる方も多いのではないでしょうか。
パワーストーンも手をかざすと エネルギーを感じる方もおられます。

そんな経験は全くないという方も
お腹が痛いとき自分の手を当てると、楽になりませんか?
足をなにかにぶつけたとき、思わず手で痛い所をさするでしょ?

「手当」という言葉はここから由来しているのですね。
ちゃんと、自分でヒーリングしているわけです。
人には、「自分で自分を癒す力」があるのです。

そうやって知らず知らずのうちに「気」=「エネルギー」=「波動」を上手に使いこなしているのですよ^^
そう思ったら、「気」や「エネルギー」や「波動」って、なんだか身近に感じませんか?
別に胡散臭い物でも、インチキくさいものでもありませんよね。

「チャクラ」というエネルギーの出入り口である器官が
正常に機能することによって、心も身体も 元気になるのです。
ちゃんと、誰にでも備わっている能力なのです。

現代人は忘れているだけです。
ちょっと練習すれば、すぐに思い出します。

その練習で一番大事なのが、イメージすることです。
その練習をパワーストーンがサポートしてくれます。

練習方法はいろいろありますが、
ご自分でイメージして頂きやすくしたり、ちょっとしたコツをつかんでいただくために
当店では、クリスタルによる、チャクラヒーリングを行っております。

ご予約制となっておりますので、詳しくはHPをご覧になってお問い合わせください。

全チャクラを浄化するクリスタル・・・アンバー、ホワイトカルサイト、クリソコーラ、オケナイト