へ~~そうだったのか~(*^^*)

全国の素敵な皆様、こんにちわ^^

京都御所近くのパワーストーン&ヒーリングサロン石花(しゃっか)クリスタルヒーラーのみやこです♪

今日は梅雨の晴れ間~な京都です

朝、母が今日は晴れるらしいえ!

シーツ洗おかな・・・あんたは洗濯せえへんのか?

というのでカーテンを洗ってきました^^

母にとっては、洗濯物がその日の内に乾くかどうかというのが

まるで人生の一大事のようです(笑)

Facebookに上がってきたお友達のブログに面白い記事を見つけました

昼間明るいところを見ていると

空中にふよふよってゴミみたいな

糸くずみたいなものが

浮いているのが見える

この糸くずのようなものはプラーナというもの

え?!!

そうなん?!!

あれってプラーナやったん??

このブログを書いているすみかちゃんも小さい時から見えていたそうですが

全文はこちらからどうぞ^^

私も昔から見えていたんです
確かに空中をぼ~~~っと見てるときに
何か糸くずのようなものがごにょごにょ動いてます
まさかプラーナだったとは知りませんでした

すみかちゃんも言ってるように
飛蚊症の一種かと思ってました(^_^;)

ネット検索してみたら
ブルーフィールド内視現象と混同しやすいらしいんですけど
明らかに見え方が違うらしいです

まあね視えたからどやさ!って話ですけど(*^^*)

チャネリングもそうなんですけど
別に特殊能力じゃなく元々人間に備わっている
普通の能力なんですよね

これまたFacebookを見ててホンマやな~と思った
和良久の前田比良聖さんの記事を紹介させていただきますね

Facebookの記事なのでリンクが貼れないので
ちょっと長いけどコピペします

八力は天帝のもつ力のことを言いますが、それは同時に私たちのもつ力でもあります。

それは決して不思議な能力と言うのでなく、人として生まれながらに神様から預かった運動能力のことです。

歩くことはもちろん、掴む、持ち上げる、引っ張る、押す、叩く、捻るなど「生きるために必要な力」です。

昔は水が必要なら川や泉に汲みに行きました。
魚を食べるなら釣りに行きました。
家を建てるなら木を切りに行きました。
野菜が欲しければ土を耕しました。
米が食べたければ田をつくりました。

いづれにしても、重い道具を担いで山や海や川に出かけなければなりません。
山に行けば足元の悪い道を気を付けて歩かねば大けがをします。
森に入れば獣が出て襲われぬよう注意をせねばなりません。

谷を渡り、川を越え、森を抜けていく中で、いつも危険が隣り合わせにあります。

水を汲んだら重たい水をこぼさぬよう山道を歩かねばなりません。
魚がかかれば逃げられぬよう要領良く釣り上げねばなりません。
木を切る時は木の倒れる方向を考慮して切らねばなりません。

生きていくということは、こうした腰を入れ、体を張った行為を行うことでした。

また生きていくためには、単に力をつかうばかりでなく、目や耳や鼻や口を使って周囲への気配りを行い、命にかかわる危険を回避します。

この生きていくために使う力を「八力」と言います。
そして八力によって覚醒する魂を「一霊四魂」と言います。

しかし現在は、水が欲しければ蛇口を捻り、食べ物全般は、山や海に行かずともすべてマーケットにあります。おまけに歩かずとも車でドアからドアに移動が出来ます。

現在人は、こうした生きるための能力をほぼ使うことなく日々を送っています。わずかにキーボードを叩く力さえあれば十分に生きていける時代になりました。

かくて我々は腰と腹をまったく使わなくなり、体は人間の風体を保っていますが、その能力は生物の中でも最も退化しているのではないかと思われます。

八力を使わなくなった人類は一霊四魂を失い、姿と形は人間の様であるけれども、もうそれは映画に出てくるようなゾンビのようなものです。

世の中が便利になっていく中で、失われていくものも多くあります。
青々とした山々、澄み切った水、綺麗な空気。

環境の破壊によって勃発する災害も年々規模が大きくなり、それが自分たちに牙を向け始めて初めて放っておけないと言うことに気付き始め「空気や水を汚すな」「ゴミを捨てるな」などと運動をおこしつつあります。

私たちは失われてから初めて大切さを知るという鈍感な生き物ですが、それでもまだアクションを起こすことは良いことです。

しかし、そうして自然を元の姿に帰そうという運動はいいのですが、自分の体や心はどうでしょう。益々便利さや快楽を追い求める欲望は昔と何ら変わりません。

自然環境の再生とともに、自分自身の心身の再生を行うことも忘れていないでしょうか。

消されつつある八力を再起動させねば、いつまでも人としての再生は出来ません。人間力の低下した現在は、まるで獣の世界に堕しています。
凶悪卑劣な犯罪は益々増加の一途をたどっています。

私は何も、今の文明を捨てて、山に水を汲みに行け、山に木を切りに行けと言っているのではありません。
便利なものも神様の賜物です。どんどん使えばよいと思います。

ただ、体のもつ最低限の機能だけは忘れないようにしないと、人が人でなくなるばかりです。

ゾンビ映画が流行っていますが、あの映画を笑って観ることは出来ません。まるであの映画のままの今の社会なのですから。

欲望というウィルスが瞬く間に全世界に感染し、人を食い荒らすゾンビに姿を変わる様子は、まったくこれからの社会を予見しているようです。

おほもとしんゆ(大本開祖の筆先)にも「人が人を食う獣の世となる」と記されています。

人間としての行動規範である八力を失った人類は、人間の形をした猛獣です。

八力とは「腰と腹の力」と言ってもよく、腹で深く物事を考えて、腰を軸に両手両足を動かすのが人間です。ですから人として品格ある行動が実現するのです。

しかし、腰と腹の力を失った人間の行動や言葉から崇高さは失せ、暴力、暴言が台頭して獣のような品の無い言動が発せられます。

神言の解説に「天津罪とは天然自然に賦与せられている水力、火力、電力、磁力または動物、植物、鉱物など、その他あらゆる自然力、自然物の利用開発をおこたる種々雑多の罪である」と説かれています。

これは「天然自然に賦与せられている」ものを地球規模で例えておられますが、同時にこれは一個の人間的規模としても同様のことです。

なぜなら人は小宇宙と言われているからです。

八力とは、この解説にある「天然自然に賦与せられている力」のことです。

せっかく神様から賦与され、人が生まれながらにしてもつ能力である八力の利用開発をおこたることも大きな天津罪であることを知らねばなりません。

オーラが見えるとか前世がわかることよりも
地球で暮らす人間として
神様から頂いた体の力をしっかり使うことと
五感を使いこなすことだと思うんです

それには浄化とグラウンディングです

心と体が健康であることが大前提です
そうでないと自分も大事に出来ないし
人を思いやることもできません

体の肝は腹と腰です

そして
五感をしっかり使いこなすことによって
第六感が発達します
チャクラが整います

シンクロホイホイが当たり前になります(^^)v

コズミックダイアリー2020ご予約受付中です(^O^)/

*************************************************

【銀河の音のお話会】

日時:7月25日(金)11:00~12:30
場所:当店
参加費:2000円

【時間をはずした日の祭り】

日時:7月25日(金)13:00~17:00(何時からでも参加OK、出入り自由)
場所:当店
参加費:1000円

*************************************************

http://jmm.racms.jp/

*************************************************

image

ACOON HIBINOさんのnewCD~水森Kumano~

WATER FOREST KUMANO

image

ACOON HIBINOさんのオリジナル曲と

赤穂美紀さんの素敵な歌詞とボーカル

『伝説の鳥』

どちらも当店で販売させて頂いてます♪

*************************************************

コズミックダイアリーは世界中にマヤ暦として普及している

「13の月の暦」の公式ダイアリーです

【コズミック・ダイアリー講座】

【使い方講座】

随時開催しております

都合のいいお日にちでご予約くださいませ^^

◆クリスタルヒーラー養成講座 1日(7時間程度) 130,000円(分割も可) コツさえわかれば、どなたでもクリスタルヒーリングが出来るよう...

愛の波動を拡げます♪

あなたの心と体が癒されますように♪

私のヒーリングとうちのこ(石)たちが

必要な人に届きますように♪

セッションのご予約もお待ちしています♪

◇クリスタルセラピーセッション 1セッションー60分 25,000円(10分超過ごとに2,000円) 《セッション内容》 お好きな石を選ん...

ご予約は

お問い合わせ、ご予約はこちらで承っております。 なんでも、お気軽にお問い合わせください お電話は、080-5324-03...

または@Lineのトークかお電話で08053240385

(電話は必ず番号通知設定でおかけください)

ヒーリング&カウンセリングメニュー

☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*―――――*☼*

イベントや講座のお知らせは

こちらのページでご確認くださいね

新月・満月メール購読方法はこちら